生命保険の基礎(死亡保険と生存保険)

生命保険は、私たちにとって一番身近な保険のひとつであるということができます。生命保険商品には、実にさまざまなものがありますが、一番基本となるのは「死亡保険」でしょう。死亡保険というのは、保険契約者が死亡した時に、保険金がもらえるというものです。

保険期間が限られているものを定期保険といい、保険期間が限られておらず、一生を保険期間としているものを終身保険といいます。定期保険にも終身保険にも、満期保険金というものはありません。死亡保険の受取人は、保険契約者が夫の場合は妻、妻が保険契約者の場合はその夫など、保険契約者のごく身近にいる家族であることが一般的です。

「生存保険」というのは、ある決められた期間が満了するまで被保険者が生存していた場合に、満期保険金がもらえるというものです。貯蓄保険や個人年金保険などは、この生存保険の一種ということになります。日本国内では、生存保険には死亡保障がセットとなって販売される場合が多いようです。生存保険は、その仕組み上、長生きをすればするほど特になる保険ということができます。

また、死亡した時でも期間が満了した時でも同じお金がもらえる保険もあります。養老保険などは、この代表例といえるでしょう。

生命保険契約の際のポイント

生命保険は、一回あたりの払い込み金額は小額でも長期間にわたって払い込みを続けることになるため、総額では場合によっては住宅取得に匹敵するほどの金額になることがあります。

ですから、保険契約を結ぶ場合には、契約内容をしっかり理解し、納得したうえでサインすることが大切です。あいまいなまま加入してしまうと、いざという時にトラブルになることも考えられますので、注意が必要です。

保険の仕組みはとても複雑であるため、全てを完璧に理解するのは難しいことですが、抑えておくべきポイントとなる点はいくつかあります。まず最低限確認しておきたいのは、どのような場合にどれだけの保険金を受け取ることができるのか、という点でしょう。

また、保障期間についてもしっかり確認しておく必要があります。保障期間は終身でも、入院保障には一定の期間が定められていたり、死亡保障が途中で減額されてしまったりする場合がありますので、よく気をつけておく必要があると言えるでしょう。

生命保険の保険金については、「保険料が支払われないのはどのような場合であるのか」を知っておかなければなりません。保険金の支払い条件については特に、しっかり確認しておくのが賢明と言えます。

生命保険と主契約

生命保険の商品には、いろいろなものがあります。それぞれの保険会社が数多くの商品を発売していますので、目移りしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

基本となる保険契約にさまざまな特約をセットすることで、バラエティ豊かな保険商品が作られているわけです。この場合、基本となる保険契約のことは、「主契約」とよばれています。

主契約としてよく見られるものには、終身保険や定期保険、養老保険などがあり、掛け金の額は、保険の種類によって違ってくることになります。

保障される期間は、終身保険の場合は払い込みが終われば一生涯に渡ることになり、定期保険と養老保険の場合は、保険料の払込期間と同じということになります。

中途解約した場合の解約返戻金については、終身保険と養老保険にはありますが、定期保険ではほとんど期待できないというのが普通です。そのほか、養老保険には満期返戻金があるという特徴があります。

一度保険契約を結んだら保障期間が一生続くというのは終身保険だけです。定期保険と養老保険の場合は、保障期間が切れた後も保障を求めるのであれば、契約を更新しなければならなくなります。

契約更新の際には、保険料は再計算されることになりますので、注意する必要があります。

生命保険の特約とは

生命保険の基本となる契約のことは「主契約」と呼びますが、その主契約の内容を補う契約のことは『特約』と呼ぶのが一般的です。「特約」とは、「特別約款」を略した言葉です。

特約は、それだけでは加入することができず、必ず主契約に付随した形で契約することになります。生命保険の特約には、「死亡保障」と「医療保障」があり、それぞれ死亡時の保障額を上乗せしたり、入院保障を割増したりすることが可能となっています。

取り扱っている特約の内容は保険会社によって異なるため、保険に加入する場合はよく確認する必要があるでしょう。

生命保険の主な特約の例としては、

災害などで死亡したり高度障害となったりした時に災害割増保険金が支払われる「災害割増特約」や、

事故や病気で手術を受けた時に給付金が支払われる「手術特約」、

病気の治療のため一定期間以上継続して入院した時に給付金が支払われる「疾病入院特約」、

子宮・乳房の病気や甲状腺障害というような女性特有の病気または女性がかかりやすい病気で一定期間以上継続して入院した時に給付金が支払われる「女性疾病入院特約」、

怪我や病気で長期にわたる入院をした時に給付金や一時金が支払われる「長期入院特約」などがあります。

知っているようで知らない保険の仕組み

「保険」とは、「保険者」と「保険契約者(被保険者)」、「保険契約」という3つの要素から成り立っている仕組みです。 「保険者」というのは、保険事業を行う主体のことを言います。「保険契約者」とは、保険に加入する人のことを言うもので、公的保険の場合には「被保険者」と呼ばれます。 民間の保険会社による保険を例にとれば、損害保険会社や生命保険会社などが「保険者」となって、保険契約社が火災保険や自動車保険、生命保険などの保険契約を結び、保険料の支払いをすれば、保険契約が成立したということになります。 民間の保険会社に夜保険では、保険料の支払いは全て保険契約者がすることになりますが、社会保険や労働保険などの保険料については、従業員と会社側がそれぞれ負担するという形になります。その場合、実際に給付を受けるのは従業員です。 社会保険や労働保険の申請をしたり給付の手続きをしたりするためには、社会保険事務所や労働基準監督署、各市区町村役場など、それぞれの保険の事務担当窓口を訪れる必要があります。 一般のサラリーマンの場合と、自由業や自営業の場合、公務員の場合は、保険の種類や手続きなどの方法が異なることになりますので注意しましょう。

生命保険とは

生命保険とは、私たちの生活に中で起こりうるリスクを回避するための保険です。具体的には、死亡したときやケガや病気をしたときの保障するための保険です。生命保険では、死亡または一定の年齢まで一定の金額を支払うことを条件として契約します。契約者が死亡した場合には、契約者ではなく予め設定した受取人が保険金を受け取ることになります。

日本での死亡原因は、ガン、心筋梗塞、脳卒中がトップ3を占めています。生活習慣病がほとんどの死亡原因となっているのです。逆に交通事故や自然災害での死亡率は減少傾向にあります。それとは逆にガンでの死亡率が増加傾向にあります。生命保険においては、これら死亡原因トップ3である生活習慣病を保障するものもあります。

さて、期間や目的別で、生命保険は3つに分類することができます。それは定期保険(保険期間が決まっているもの)、終身保険(保険期間が生涯まで変わらないもの)、養老保険(貯蓄性の高いもの)です。この3つだけでは保障内容としては不足するため、不足する保障部分を特約オプションとして介護保険特約、医療特約、リビングニーズ特約など別途オプション契約することがあり生命保険商品の差別化を図っています。

生命保険の加入ポイントは、加入前にライフプランと保険の関係を明確にすることが大切です。生命保険に加入の目的を明確にすることで過剰な保険に入らないことができます。また保険料が家計を困窮させては困りものです。保険料が家計に占める割合はいくらなのか?明確にしてから選ぶようにします。

生命保険の賢い選び方とは?

生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。加入者に選ばれた会社は、まず生命保険に入るきっかけを与えた会社だといえます。その昔は、生命保険の外交員が保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していました。その中で、人と人のふれあいの中から保険の加入者が生まれました。

現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。アメリカンホームダイレクトやアリコジャパンは、テレビCMによって人々の人気を集めています。

一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。

60歳になってからの保障が充実している生命保険の選び方に、アリコジャパンの生命保険を選ぶ方法があります。けれども、ある程度の保障をつけると保険金額が月1万円ほどになり解約金はありません。保険の掛け金は、生涯支払い続けられる金額を加入時によく考えておくべきです。

生命保険の選び方の中で、一番簡単な方法は、パソコンの生命保険比較サイトから選ぶことです。そして、自分が保険に一番求めているのは何か、けがや病気になった時の保険か、それとも介護保険か、または年金保険かといったことを明確にして選ばなくてはよけいにややこしくなってしまいます。

保険スクエアbang! 生命保険一括資料請求

保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。

女性の生命保険の選び方として、女性特有の病気を保障する生命保険を選ぶのが良いとされています。こういった生命保険では女性特有の病気に関して、通常の保険金額の2倍や3倍が保障されます。また、ガン保険についても特約として他の保険に付加するのではなく、加入したいものです。

プルデンシャル生命保険について

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社で、2004年にはあおば生命保険を吸収合併しました。プルデンシャルタワーは大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地にありますが、千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させたものです。

さて、この生命保険会社の特徴は、ライフプランナーによるコンサルティング販売という点です。プルデンシャル生命保険では、生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供しています。お客様に最適な生命保険を提供するためのこだわりのシステムですが、販売している商品や評判もチェックしてみましょう。

プルデンシャル生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。プルデンシャル・ライフプランナーは、お客様に対して真摯な対応をされるとのことで、それが評価され信頼度を高めたのでしょう。

最後にプルデンシャル生命保険のクチコミをチェックです。「今までの生命保険のイメージが180度変わりました。押し売りしすぎず、定期的に電話もくれるので安心。入院した際の払い出しもスムーズでした本当に安心できる保険会社だと思います。」保険を検討されているなら要チェックの生命保険かもしれません。

タグ:生命保険

生命保険に関する無料レポート・無料小冊子

「完全生命保険マニュアル」あなたの知らない保険の全て

★保険の基本について考えてみましょう。
これを読めば、生命保険の基礎知識がすぐに学べます!

「超」簡単な生命保険のしくみ
加入するにはどうしたらいいか
保険金の受け取り方法
保険契約の解約
保険に入っていますか? なぜ保険に入ったのですか?
リスクについて
保険に入る目的と期間と補償額について考える
残された家族の生活の為の生命保険
ボケや寝たきりになった時の介護保険
日々の生活の為の個人年金保険
確定給付型年金と確定拠出型年金ってなに?
入院する時に必要な医療保障保険
保険の仕組み
保険と貯蓄の違い
金利の話

付録 生命保険の無料見積りでお勧めのサイト一覧

「完全生命保険マニュアル」あなたの知らない保険の全て


あなたの会社の生命保険、本当にそれで会社や家族を守れますか?

自分自身は、しっかり加入しているつもりでも、生命保険の的ハズレ契約があったために、発生したとんでもない実際の出来事をレポートにしました。

ここで、みなさんにお聞きします!

あなたの加入している保障は適正額だと自信を持って断言できますか?

本当にそんな大きな保障が必要ですか?
また、そんなに小さな保障で大丈夫なんですか?
あなたも、保険会社の言われるがまま加入ですか?

経営者には、会社を守る事とその社員とその家族を守る責任があるのです。もし会社の経営を揺るがすことが発生した時、あなたは、対応策をすぐに答えれますか?

当レポートは、元生保の営業管理職であった私が10余年に経験した生命保険の的ハズレ加入の実態を検証したものです。レポートを読んで、自分の保険証券を確認してください。

あなたの会社の生命保険、本当にそれで会社や家族を守れますか?


生命保険!失敗しないための自己防衛策

生命保険を見直したり、加入する際に最低知っておかなければならないことは何なのか?その最低限のポイントを分りやすく解説。数多くの経験をしたファイナンシャルプランナーが訴えたい基本中の基本を伝授いたします。

この特別レポートを読んで頂くことによって、きっと
●何のために保険に入るのかが明確になります
●保険の基本が分かるようになるので、言われるがままに保険に入ることがなくなります。
●無駄な保険を省き、必要な保険を探すことが出来るようになります。
●ちょっと「安心」を感じることが出来るようになります。

生命保険!失敗しないための自己防衛策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。