生命保険の賢い選び方とは?

生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。加入者に選ばれた会社は、まず生命保険に入るきっかけを与えた会社だといえます。その昔は、生命保険の外交員が保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していました。その中で、人と人のふれあいの中から保険の加入者が生まれました。

現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。アメリカンホームダイレクトやアリコジャパンは、テレビCMによって人々の人気を集めています。

一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。

60歳になってからの保障が充実している生命保険の選び方に、アリコジャパンの生命保険を選ぶ方法があります。けれども、ある程度の保障をつけると保険金額が月1万円ほどになり解約金はありません。保険の掛け金は、生涯支払い続けられる金額を加入時によく考えておくべきです。

生命保険の選び方の中で、一番簡単な方法は、パソコンの生命保険比較サイトから選ぶことです。そして、自分が保険に一番求めているのは何か、けがや病気になった時の保険か、それとも介護保険か、または年金保険かといったことを明確にして選ばなくてはよけいにややこしくなってしまいます。

保険スクエアbang! 生命保険一括資料請求

保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。

女性の生命保険の選び方として、女性特有の病気を保障する生命保険を選ぶのが良いとされています。こういった生命保険では女性特有の病気に関して、通常の保険金額の2倍や3倍が保障されます。また、ガン保険についても特約として他の保険に付加するのではなく、加入したいものです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。